【YZF-R1】製品情報

No Excuse.

 

1998年、初代YZF-R1誕生。
No Compromises. [妥協しない]というキーワードのもと、スーパースポーツというカテゴリーを切り拓いてきた。
しかし、この開発スローガンでは、これまでの延長線上のものしか生まれない。別次元の存在を創り出すにはどうすればいいか。

No Excuses. [いいわけしない]。

ものづくりにとって最も重い言葉を、新たに開発スローガンに設定した。
フレーム、エンジン、デザイン。名前以外は、見直されあなたの予想は、すべて裏切った。それがYZF-R1/R1Mだ。

いまここに、新たなカテゴリーが創造され、スーパースポーツからピュアスポーツへと生まれ変わった。
YZF-R1/R1Mと共にあるなら、昨日までの自分の世界は変わっていく。

ENGINE

“High tech armed Pure Sport”を体現した、
敗北を許さないパワーユニット「CP4」。

エンジンの画像は2015年モデルです。

前にいるのは1台だけ。立ち上がりで抜けるか、抜けないか。
そんなとき、スロットルを開けるとともに圧倒的なパワーが路面を掴んでいくトラクションを頼もしく感じることができる。
それがクロスプレーンエンジン「CP4」。

998cc水冷4ストローク直列4気筒・4バルブエンジン。YZF-R1/R1MにはMotoGPマシンYZR-M1に搭載されている、車体の挙動に安定性をもたらすクロスプレーン型を採用。
歴代YZF-R1でも採用されていたが、2015モデルではじめてショートストローク化した。エンジンの回転数をさらに上げ、エンジン出力を高めることで、パワーの底上げを実現している。
また、FSチタンコンロッドを二輪市販車としては世界で初搭載し、軽量化によるロス馬力を低減化した。

その結果、歴代YZF-R1よりエンジン回転数が1000rpm上がることになり、さらにYZR-M1に近い高回転域を得ることを実現した。
フューエルインジェクションは、CP4エンジンのハイパワーを引き出すためにツインインジェクターを装備。燃焼速度を高めることで、優れた出力とトルク特性に貢献している。
エキゾーストノートにもこだわった。クロスプレーンサウンドとも言うべき不等間隔爆発による独特の排気音は、MotoGPマシンYZR-M1の音を再現している。ストレートを駆け抜けるとき、減速からコーナーを曲がるとき、耳からトラクションを感じられるような独特のミックスサウンドを奏でる。
そう、サーキットで聞いていたあのエンジンサウンドが自分のものになるのだ。

FRAME/FORM

走りの限界を越える、引き締められたボディ。

画像は2017年モデルです。

高速ストレートから、1コーナーへ切り込んだとき、接地した路面からスイングアーム、そしてフレームまでぶれることなく、意図したままのラインをトレースする。
リスクを感じることなく、もっと攻めることができる。そう思わせてくれるのは、YZF-R1/R1Mの安定した驚異的なマシンバランスにある。

YZF-R1/R1Mは新設計のアルミ製デルタボックスフレームを採用。旋回中のライン自由度を高めるため、車体全体の縦・横・ねじれにおいて最適なバランスで設計。

また、シートレール、ホイールにマグネシウム、タンクにアルミといった軽量素材を、車体の重心から離れた部品位置に採用し、マスを集中化させることで、高い運動能力を発揮。

さらに、歴代YZF-R1より10mm短いホイールベースが、最小回転半径3.3mと旋回性をアップさせた。

YZR-M1の思想を反映したフォースド・エア・インテークを採用。走行風圧さえもフル活用し、新気吸入効率を向上させている。

ブレーキは、軽快なハンドリングにも寄与するφ320mmダブルディスクと新設計モノブロック・アルミ製4ピストン2パッド対向型キャリパーをフロントに、良好なコントロール性を備えるφ220mmディスクとアルミ1ピストンピンスライド方式キャリパーをリヤに採用している。

ELECTRONIC CONTROL

シンクロする最速への欲求。
3次元的な動きをする「IMU」

画像は2016年モデルです。

ズズッと、リヤがすべリだす。その瞬間、アクセルのオン・オフによりマシンの挙動を操っていく。
これまでマシンの動きは視覚や聴覚はもちろん、指先、足先のフィールなど身体全体で感じ取り、次の操作への判断を決定してきた。

プロのライダーならずとも、すべてのライダーが追い求めてきたこの感覚を、YZF-R1/R1Mは「IMU(InertialMeasurementUnit)」により把握。次の動きを瞬時にマシン全体に指令することを可能にした。

直訳すると慣性測定装置と呼ばれる、二輪市販車において世界で初搭載の「IMU」。IMUは走行中の「ピッチ」「ロール」「ヨー」の方向の動きを検出するジャイロセンサー、そして「前後」「上下」「左右」の各方向の加速度を検出するGセンサーの6方向から車体の動きを検出。
これにより後輪の横すべりや、車体の上下姿勢、バンク角など3次元的な車両の動きを把握する。
さらに、検出された車体の状況を、瞬時にTCSやERSなどの制御デバイスYRC(ヤマハライドコントロール)に送信し、車体を最速かつ最適なパフォーマンスへと変質させる。

YZF-R1/R1M最大の武器、それが、「IMU」である。

LCS  = Launch control system

発進時にホイールスピンやウィリーを抑え、俊敏なスタートダッシュをサポートする。

ABS = Antilock brake system

UBS = Unified brake system

ブレーキング時のタイヤのロックによるスリップを防ぐ。

SCS = Slide control system

後輪の横滑り時に駆動力を制御。3段階とオフで介入レベルを設定可能。

TCS = Traction control system

バンク角や後輪空転時に駆動力を制御し、最大限のトラクションを生む。9段階の介入レベルとオフで設定可能。

LIF = Lift control system

加速時の前輪の浮き上がりを駆動力により制御、加速ロスを低減する。3段階とオフで介入レベルを設定可能。

QSS = Quick shift system

2018年モデルから、QSS(クイックシフトシステム)がアップデート。クラッチ操作無しで滑らかなシフトアップ・ダウンが可能となった。オン・オフ2段階の調整が可能。

ライダーのリミッターを引き上げる最新電子制御システム。

画像は2016年モデルです。

YZF-R1/R1Mは、すべてのライダーを限界域の速さへと導いた。
その秘密は、この制御システム。
IMUの指令により、加速時の後輪空転を制御しトラクションを生み出すTCSや、後輪横すべりを駆動力で制御するSCSなど、ライダーの操作を発進からコーナリング、停止まで、あらゆるシーンで7つの制御によりサポートする。
スポーツ・ライディングを安全に、かつ限界域で楽しむことを可能にした。
さらにYZF-R1Mには、走行中に前後サスペンションの減衰力を理想的な状態で調整するÖHLINS製の電子制御サスペンションを搭載している。

THE SPEED RACER

YZF-R1/R1Mは最速を身に纏った。

デザインコンセプト「The Speed Racer」。

サーキット最速のマシンにふさわしいデザインとはなにかを研ぎ澄まし、まったく新しいYZF-R1/R1Mのシルエットが生まれた。
そのベースとなったのが最も空気抵抗がない「水平基調」。風だけでなく次元さえも切り裂くような先鋭的なデザインは、見るからにサーキットで畏怖される存在となることだろう。
フロントフェイスは歴代YZF-R1と同じく2ポイントキャッチながら、省スペースのLEDをボディの中心に極力寄せて配置、エア吸入ダクトを軸とした独自のアイデンティティを確立した。

 

ヘッドライトレスのような印象に加えて、レース仕様にモデファイしても外観がほとんど変わらず、レースに挑むような気持ちを常に抱かせてくれる。
また、テール、バックミラー、マッドガードなど、細部にまでこだわった空力デザインにより、空気抵抗を徹底的に低減した。
挑戦的な開発姿勢を表現したカラーリングは、ヤマハの技術が結集したフラッグシップマシンであることを象徴。
また、空気を切り裂く「The Speed Racer」というデザインコンセプトを、さらに強調することにも成功している。

WEIGHT SAVING

MotoGPマシンの開発技術から生まれた、
贅肉0%への挑戦

 

軽量化はマシンのパフォーマンスを格段に跳ね上げる最良の方法といえよう。
むろん、重量配分、剛性も含め、すべてをクリアしなければならない。

No Excuses. [いいわけしない]。
このコンセプトは、チタン、マグネシウム、アルミなどの素材を、様々なパーツに投入することを決断させた。
アルミ製17L燃料タンクはニーポケット部を大きくえぐり、軽量化に加えてアクションライドに適したデザインへ。
また、高い走行性能を引き出すために、二輪市販車初のマグネシウム鋳造ホイールを採用した。これは日本の職人がプライドをかけて製作したもので、フロント単体で530g、リヤ単体で340gの軽量化を実現している。
そしてFSチタンコンロッド。鉄同等の強度がありながら比重は約60%軽いチタンを使うことで軽量化し、パワーロスを低減している。
クラッチは小径・軽量ながら高出力に見合ったクラッチ容量確保が可能なアシスト&スリッパークラッチを採用。歴代YZF-R1と比べ19%の軽量化と、約7%の小径化を実現している。
達成された車体重量はYZF-R1が200kg*、YZF-R1Mが201kg*。歴代YZF-R1と比較すると全長15mm、ホイールベースは10mm短縮されている。

YZF-R1/R1Mは、極限まで贅肉を削ぎ落とされた、闘うマシンとなっていることがひと目で分かることだろう。※現地仕様

YZF-R1Mのカラー&スタイリング

BWM2(ブルーイッシュホワイトメタリック2)

YZF-R1のカラー&スタイリング

DPBMC(ディープパープリッシュブルーメタリックC)

MDNM6(マットダークグレーメタリック6)

価格

YZF-R1M プレスト参考小売価格 3,078,000円(本体価格 2,850,000円)


YZF-R1  プレスト参考小売価格 2,268,000円(本体価格 2,100,000円)


  • 価格は参考価格です。
  • 価格には消費税が含まれております。
  • 価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(除く消費税)、登録に伴う諸費用は含まれていません。
  • 燃費は定められた試験条件のもとでの値です。従って走行時の気象・道路・車両・整備などの諸条件によって異なります。
  • 車両重量は装備重量に相当します。
  • 詳しくはショップにお問い合わせください。

仕様諸元

年式
2018
仕向地
南アフリカ (DPBMC,MDNM6)、オーストラリア (BWP1,MNM3)
全長/全幅/全高
2,040mm×695mm×1,150mm
シート高
850mm
軸間距離
1,375mm
最低地上高
130mm
車両重量
190kg
最小回転半径
3.6m
原動機種類
4ストローク・水冷・DOHC・4バルブ
気筒数配列
並列4気筒
総排気量
599 cm3
内径×行程
67.0×42.5mm
圧縮比
13.1:1
最高出力
87.1kW (118.4PS) /14,500r/min
最大トルク
61.7N・m (6.3kgf.m) /10,500r/min
始動方式
セル式
潤滑方式
ウエットサンプ
エンジンオイル容量
3.4リットル
燃料タンク容量
17リットル
燃料供給方式
電子制御フューエルインジェクション
点火方式
TCI
点火プラグ型式
CR10EK
バッテリー容量/型式
12V,6.0Ah(10HR)/YTZ7S
一次減速機構
ギア
一次減速比
85/41(2.073)
二次減速機構
チェーンドライブ
二次減速比
45/16(2.813)
クラッチ形式
湿式多板
変速機形式
常時噛合式6段 左足動リターン式
変速比
1速 31/12 : 2.583 2速 32/16 : 2.000 3速 30/18 : 1.667 4速 26/18 : 1.444 5速 27/21 : 1.266 6速 23/20 : 1.150
フレーム形式
ダイヤモンド
キャスター/トレール
24°00’/97mm
タイヤサイズ(前/後)
120/70ZR17M/C(58W)/180/55ZR17M/C(73W)
ホイートラベル(前/後)
120mm/120mm
ブレーキ形式(前/後)
油圧ダブルディスク(外径320mm)ABS/油圧シングルディスク(外径220mm)ABS
懸架方式(前/後)
テレスコピックフォーク/スイングアーム(リンク式)
緩衝装置(前/後)
コイルスプリング/オイルダンパー/コイルスプリング/ガス・オイルダンパー
オプションスペック
イモビライザースイッチ:○
ハザードランプ:○
スピードメーター:km/h

※都合により製品の仕様を予告なく変更する場合があります